中学英語、初めの一歩の中学英語

中学英語、初めの一歩の中学英語

中学英語でお勉強

  

中学英語ではじめよう


このサイトへいらっしゃった貴方は、英語をもっとじょうずに使えるようになりたいと思われている方でしょう。

この記事は、どちらかというと学校を卒業してもう一度英語リベンジをとお考えの方を対象にしていますが、基本の部分は同じですから、初学者のあなた、そう中学生の貴方でも参考になると思います。

それでは、いきましょう。


結論は中学英語をキチンとやりましょうってことです。そんなこと判っているなんて怒らないでくださいね。もう少し説明しますから。

中学生になると、当然英語の教科書から入りますよね。これってあまり面白くないですよね。1年、2年、3年と進んでいくにつれて段々着いていけなくなる。これってつらいですよね。じゃ、やり方を変えましょうよ。

まずは、英語の基本の基本は文法なんです。文法なんて必要ないよっていう本もありますが、特に初学者はだめです。英語の文法が判らなかったらチンプンカンプンですから。ですから中学英語でまず、文法をキチンと身につけることが大事なんです。

手っ取り早くやりたいですから、ここは英語の教科書は使いません。おすすめの教材はこれです。

中学英語 おすすめ教材

くもんの中学基礎がため100%中1英語―新学習指導要領対応版 (文法編)
くもんの中学基礎がため100%中2英語―新学習指導要領対応版 (文法編)
くもんの中学基礎がため100%中3英語―新学習指導要領対応版 (文法編)

くもんの中学基礎がため100%シリーズには他の教科もあるので間違わないでくださいね。それから同じ英語でも単語・読解編などもあるようですので購入の際は注意してくださいね。使うのはあくまで文法編です。

この英語教材は、問題集形式で書き込み形式になっています。しかし、直接は書き込まないでください。答を書くときは、何か他にノートを準備しましょう。

中学英語 勉強方法

で、使用方法ですが、この3冊を半年で3回まわす。まわすっていうのがわかりませんか?つまり、問題集を3回解くということです。だから、毎月2冊のペースで解いていくってことですね。

その時の注意事項があります。そこに書いてある問題も答も必ず音読してください。手で答を書いて、音読する。そうすると、脳にはガンガン効いてきます。

半年後には、あなたの基礎英語力は相当なものになっていくでしょう。

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.